TAG
豊後大野カンケイ協会

Uターンで帰ってきた男はいま豊後大野生まれのハムを作っているーそのワケ

豊後大野市の森の中を抜けると小さな建物が見えてくる。なんの看板もなく一見すると何か手仕事の作業小屋のようにも見える。その工房こそが、豊後大野生まれのハムを作るハム

『あたらよ』の子ども村つくりキャンプからみえる拡張家族とは?

8月17日(土)〜18日(日)に豊後大野市大野町にある拡張家族『あたらよ』にて、『村つくり体験こどもキャンプ』が開催された。 豊後大野市大野町にある『あたらよ 』

こどもとキャンプで村つくりが体験できる!?「あたらよ」がキャンプを開催!

8月17日(土)〜18日(日)に豊後大野市大野町にある拡張家族「あたらよ」にて、『村つくり体験こどもキャンプ』が開催される。 拡張家族「あたらよ」とは、̶

まちのちいさなドライブイン「ちとせや緑茶」の魅力〜お店とまちのカンケイ

  豊後大野市千歳町。中九州道無料区間の三重/千歳インターを下りて2〜3分のところに、「ちとせや緑茶」がある。 ちとせや緑茶は、2019年5月30日にオ

同情はいらない。アート作品で対価を生み出す生活介護施設「なごみ工房」の挑戦とはー福祉とアートのカンケイー

  「自閉症の方には、独特で素晴らしい世界観があるんですよ」 そう語るのは、豊後大野市にある生活介護事業所『なごみ工房』の施設長・秋月正博(36)さんだ

小さな町の商店「ヤオヤダエン」の快進撃〜地域商店とビジネスのカンケイ

豊後大野市三重町に小さな八百屋がある。「ヤオヤダエン」だ。2018年6月にオープンしたダエンは、玉ねぎ1玉20円の安売りやサブスクリプション(定額制)など既存八百

そこにあったのは懐かしさと安心感。ローカル発のプロジェクト「手しごと商会」から地方のこれからを考える

わたしたちのまちには、近ごろおもしろいことや人が集まりはじめている。 そのひとつが、「手しごと商会」。 豊後大野市在住のヨガインストラクター・森かおるさんがはじめ

となりの街からやってくるラーメン。移動販売車が繋ぐ街とのカンケイ性

  「結局、自己満足なんですよ。お客さんがラーメンを食べて喜んでくれる顔が見たいから」 なぜラーメンの移動販売かを聞くと、にこやかに加藤さんは答えてくれ

“地域の催しとはなにか”が試される!?おがたチューリップフェスタが4月2日から開催!

2019年4月2日〜19日に豊後大野市緒方町にある「原尻の滝」周辺で「第27回おがたチューリップフェスタ」が開催される。 毎年多くの観光客で賑わうおがたチューリッ

豊後大野に来たら必食のからあげ!ローカルがオススメする名店

大分県民のソウルフードであるからあげ。県内では宇佐市・中津市が”聖地”と言われ、数多くの人気店が誕生しています。しかし豊後大野のからあげ界